<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
遠征2日目
3月25日月曜日

ジュニアユース新3年生遠征2日目
@三木総合防災公園(兵庫)
e0203832_1849132.jpg

イルソーレ小野・大阪セゾン・大阪ジュネッスとゲーム。
どのチームもボールを大事にして、ボールを動かし、ボールのないところでの駆け引きが上手く、参考になった。自分の試合でなくても、選手も試合を見ていたので、何かを感じていたのではないか。
どう勝ちたいかという志向が似ているチームとのゲームは、意地を張り合いながらも気持ちよくお互いの成長を競いあうライバルのような関係があり、ゲームを通じてすごく純粋に成長できるように感じる。今日はそんなゲームが出来た楽しい一日だった。
イルソーレ今村さん、ナダルさんに感謝!
18:00 宿舎着、入浴
19:00 食事
20:00 学習
22:00 ミーティング
22:30 消灯

今のところ、みな元気です。
明日は奈良へ。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-25 19:01
ジュニアユース新3年生 遠征初日
3月25日(月)朝

3月24日(日)
ジュニアユース新3年生 遠征初日
17:30 滋賀県草津SAにて夕食
20:30 無事兵庫県三木ホースランドパークに無事到着しました。

21:45 入浴後ミーティング
23:00 消灯

・主体性ある行動は
・成長できる選手、チームは
・進路に向けた面談
上記3点が今回遠征のテーマです。
心身共に今後の更なるレベルアップにつながるきっかけをつかんで帰りたいと思います。

e0203832_803311.jpg

e0203832_811856.jpg

朝食風景
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-25 08:02
プレゼント
e0203832_1527113.jpg

e0203832_15271130.jpg

3月22日金曜日

ゆうだいがジュニアユース卒団生全員にユニフォームをあしらった携帯ストラップをプレゼントしてくれた。

高校の練習がないときに顔を出してくれていっしょにトレーニングやゲームに参加してくれた。どちらかというと控えめなタイプの多い1期生にとってはゆうだいのあつかましさはとても刺激的でこんなふうにサッカーしてもいいのかと得ることも多かったと思う。大人のスタッフには伝えられないことなので先輩のいない1期生にとってすごくありがたかった。

ゆううだいがくれたもの
ユニフォームをきた人形のストラップ

ゆうだいがくれたもの
勝つために必要なせこさ
ゆうだいがくれたもの
味方を勇気づける声、相手のやる気を奪う口汚さ

なにはともあれ感謝したい。本日1期生たちに配ったらすごく喜んでた。尊敬とは違うと思うけど。

大好きだったけど~、そんなに下手なんて~と言われないように残り2年ゆうだいも高校サッカーで輝いてほしい!
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-22 15:27
やらされているうちは伸びない
3月20日(水)

ジュニアユース生を対象に、塾講師山口さんを招いて、学習講習会を実施。
新入生には中学校の年間試験スケジュールと学習のポイントを中心に中学校生活に向けた心構えについて。
23年生には進路、高校受験に向けた心構えについて。

塾に行って、塾に行かせて満足はNG。
塾も、学校の宿題もやらなければいけないもの、やらされるものであるうちは学力は伸びない。
自分なりに、工夫して学習に取り組もう。
と山口さんより

塾講師でありながら、このアドバイス。講師をお願いして良かった。
さすが、ガンジス学園、変なネーミング。

やらされているうちは伸びないのは、サッカーも同じ。
あらためてクラブのあり方も考えさせられる。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-21 07:43
子どもは大人の背中をみて
3月19日(火)

市内小中学生は本日卒業式。
小6、中3のみなさん、卒業おめでとう!

スクール5年生マヤが卒業式でおしゃべりしていて、式後に先生にお叱りを受けた話から
スクール4年生カンタの疑問
「子どもは大人の背中を見て育っているというのに、なぜ大人は子どもを叱るのか」と。
その疑問、お母さんにぶつけたら、「お前のために言ってるんだ」と尚、叱られた、と。

悪ふざけで言っているんだけど、さすがお母さんと思いながらも、その鋭さに少しどきっとした。

子どもは大人の背中をみて育っている。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-20 08:01
鎮魂と復興
2013年3月12日(火)
東日本大震災から11日で2年を迎えました。
犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。
現在も困難に耐えている被災者の方々、一日も早く安らかな日々の戻ることを願います。
忘れてはならない出来事。未来に伝えていかなければならない出来事。

今の我々の生活が「あたりまえ」にならないようにしたいです。

自分はこの震災で、おそらく生涯忘れられない言葉と出会いました。
それは2年前、被災された方の声をラジオで聞いた時の話です。

ラジオのレポーターは食料不足や生活必需品の不足、要は支援物資が不足している事実を現地の方々の声と通して国民や政府に訴えようとしたんだと思います。

だが、「食料は行き届いてますか?足りない物はなんですか?」の質問に被災された方の声は予想外なものでした。

「奪えば足りず、分ければ余る。だから充分生活できてます。ありがとう!」と。

どんなに窮地に追い込まれても、他の人を気遣うやさしさ・・・。涙が止まらなかった事を覚えています。

「災害に強い強靭な国づくりを進めていくことを固くお誓いいたします」という安倍首相の言葉。
その言葉を早く形にして欲しいと願います。

が、福島原発の放射能処理にあと何十年もかかるといいます。

その原発が全国にあと54基もあると思うと、なんとももどかしく思いませんか?

鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-12 23:22 | 富士スポーツクラブ
知らざるを知らずと為す是知るなり
3月5日(火)
日曜のスクールにケイタが遊びに来てくれた。ケイタとは当スクール出身で、現在沼津のクラブチームに所属する中学2年生だ。

ただ顔を出して遊びに来てくれたのかと思ったが、どうやら違うらしい。

「足元の技術がなくてついていけないんです」だそうだ。
ちょっと待てよ!俺の知っているケイタはボールテクニックはある方じゃないけど、無いわけではない。

その日のプレーを観たり、本人と話を聞いていると、おそらく「クラムジーではないだろうか。」と話をさせてもらった。

クラムジーとは、第二次成長期に特定の子にみられる現象で骨格系の急激な伸びに対して、それを操る機能面が順応しきれず 一時的に身体操作やボールの扱いが思い通りにいかなくなることをクラムジーと呼んでいます。

対処法としては伸びた足を自分の足だと認識できるようなトレーニング(いろんなステップを取り入れたラダーや、ボールを使った基本的なトレーニングなど)をアドバイスしましたが、あまり深く落ち込む必要はないと思う。

それよりも感心させられた。

今自分に何が出来て、何が出来ないのかが分かっている!

以前にもソクラテスの「無知の知」として軽く触れましたが、
自分に何が足りなくて何をしたらいいのかがわからないでいる選手は多いのではないだろうか。

長谷部選手の本じゃないけど、心を整える為に、頭の中と身の回りを整理する必要があるのではないのか。

そしたらまた違う世界が観られるかもしれない。

鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-05 13:08 | サッカースクール



www.fujisportsclub.jp
by fujisportsclubjp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
富士スポーツクラブ
最新の記事
こどもの日に、
at 2016-05-05 21:19
うさぎとかめのはなし。
at 2016-04-22 21:56
雨の中でのリフティングドリブル
at 2016-04-21 22:13
今のプレー美しくないよ!
at 2014-03-14 16:03
初蹴りOB写真
at 2014-01-16 11:36
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
カテゴリ
全体
ニュース
富士スポーツクラブ
FC Fuji ジュニアユース
サッカースクール
サッカークリニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧