<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
サッカーの記憶
6月7日(火)

先日スタッフで食事をしている時サッカーの昔話になり、若い二人におっさん二人が「成田のオーバーヘッド知ってる?」と質問したところ、知りませんでした。
その他にも静岡県の高校サッカーの歴史に残る数々の名選手や、ワールドカップで活躍した往年の名選手など質問してみたものの、そのほとんどを知らない。22,23歳と33・36歳との間にはこんなにもギャップがあるのかと落胆はせずとも驚きはあった。
長いことサッカーの世界に住んでいると、数え切れないほどの試合を観て、数え切れないほどの素晴らしいプレーを目にしているはず。その中でも長い事、人々の記憶に刻まれるプレーって何だろう?

3回目のマンU対バルサ、総体決勝の静学対藤枝東を観た後、そんなことを思った。
今自分が関わっている子供たちは今後、どんなプレーを頭に刻んでいくんだろう?どんなプレーを僕らの頭に刻んでくれるんだろう?

池谷
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-06-08 00:05
イメージ
6月6日(月)
日曜スクールにおもしろい小学生がいる。
「メッシ」がマイブーム!?のようだ。

だがどうだろう!

ゲームを観るとどことなくプレーが似ているのだ。
以前よりドリブルのスピードが上がっているのに、タッチも細かい。

かと思いきや、「ごめんボール持ちすぎた!」「パスサッカーしよう。」

と言うと、今度はボールをどんどんパスで動かし始めた。
実におもしろいものを見せてもらった。

その子の頭の中にはイメージがある。
間違いなく代表のメッシではなく、バルサのメッシだ。

以前、自分がお世話になった大指導者が選手に言っていた。
「プレーを真似るなら5億円以上稼いでいる選手の真似をした方がいい!」と。
自分がどうなりたいか、から考えると説得力がある。

今はメッシのドリブルの技術を真似ている子が、
いづれメッシのサッカーの考えを真似てプレーしたらと思うと
こちらまで楽しくなってくる。
これは私のイメージ、ではなく妄想です(笑)
鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-06-06 19:59 | 富士スポーツクラブ
最近困ってます。
6月3日(金)

ボール扱いはうまいんだけど、それをどう生かすかを知らない選手は、一見上手に見えても、試合ではぱっとしない。
「サッカーはサーカスじゃねぇんだよ」とか言われたりする。


ボール扱いは上手じゃなくても、相手の嫌がることをよく知っていて、プレーに対するヴィジョンのある選手は、上手に見えなくても試合で活躍する。
足りない技術を駆使して、最大限のパフォーマンスを発揮するタイプ。
サッカーは相手とやるスポーツ、創造力のスポーツだなぁと思う。
とは言うものの、そういう選手の技術の低さやプレーのかたさは、どうしてもボールをなくさない事に対して回避できない場面に遭遇し、つぶされてしまうことも多い。だから、レベルが高くなればなるほど苦しむ事になる。
ジュニアユース生にそんな選手がいる。
1ヶ月ほど前か、「技術不足で困ってないか?」と質問したところ、「今のところ困ってません。」という。困ってなければ、なんとかしようとするはずもない。
あらためて今日同じ質問をすると、「最近困ってます。」という。
困って、気づいて、真剣に取り組む。
要領のいいやつだから、本当に困っているかどうかはしばらく様子を伺ってみないとわからないけど、そういう選手が必要を感じて技術力の向上に取り組んだら楽しみだなぁ。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-06-03 23:08
バルサの試合
6月2日(木)

楽しみにしていたチャンピョンズリーグ決勝戦。
前日の飲み会は一杯だけと心に決めていたけれど、楽しさについつい長居して3:45起きられず。
本日やっと録画をみることができたバルサの試合。

すごかったぁ~。あれをなんと形容すればいいのだろうか。
解説の風間さんもいっていたけど、相手が後ろからくれば前へ、前から来れば後ろへ、右から来れば左へ、左から来れば右へ。はたまた、後ろとみせて前へ、右とみせて左へ。
相手にとったらなんといやらしいことか。
いやらしさも、あれだけうまけりゃ、美しいと表現される。

相手にとったらまさしく手も足も出ない状態。
試合後の会見で、「バルサの選手をだれか1人無償で手に入れることができるとしたら誰ですか」と質問した記者と「俺の堪忍袋の限界を試しているのか。」と顔を真っ赤にしていたファーガソン監督とのやりとりは面白かったけど、今後他のクラブがバルサとどう戦っていくのか、どのように変化していくのかも楽しみ。

高校時代、インターハイで優勝して調子づいていたころに、李さん率いる桐蔭学園に試合に行って、力づくでなく、手も足もでない状態で大敗して、横浜から電車で帰らされたなぁ。みんなでかなりへこんで帰ってたけど、途中から楽しくなっちゃって。あのとき、相手との差がなんなのか、相手のすごさは何だったのか、気づければ、もう少しその後も違っていたかもなぁ~。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-06-02 23:11
人の心を動かす選手になろう
6月1日(水)

スクール生やジュニアユース生に誕生日を祝ってもらいました。
30も過ぎると誕生日もそうめでたくも感じないんだけど、思いもよらずこども達に誕生日を祝ってもらってなんかうれしかったなぁ。

「コーチ、誕生日おめでとう。」
「30すぎると誕生日もめでたくないんだよ。」
普段から人の心を動かせる選手・チームになろうと話しているのに、思わず照れ隠しで返してしまって反省。
おっさんもこんなときは喜ぶんだなということを素直に喜んで伝えられたらよかった。

あらためて、みんなありがとう!
誕生日を迎えたことでなく、おっさんの誕生日を祝ってくれてありがとう。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-06-01 22:24



www.fujisportsclub.jp
by fujisportsclubjp
富士スポーツクラブ
最新の記事
こどもの日に、
at 2016-05-05 21:19
うさぎとかめのはなし。
at 2016-04-22 21:56
雨の中でのリフティングドリブル
at 2016-04-21 22:13
今のプレー美しくないよ!
at 2014-03-14 16:03
初蹴りOB写真
at 2014-01-16 11:36
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
カテゴリ
全体
ニュース
富士スポーツクラブ
FC Fuji ジュニアユース
サッカースクール
サッカークリニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧