カテゴリ:サッカースクール( 14 )
感謝と旅立ちの春
4月1日(月)
昨日で日曜スクールを卒業する小学6年生、中学3年生。

FCfuji、エスパルスジュニアユース、富士市立高校、吉原高校、飛龍高校、富士東高校、清水東高校に進む選手。

こうゆう節目だからこそ感謝の気持ちを大切にして欲しい。
親はもちろん、いろんな人の手によってここまで大きく育てられた事に。

そしてこれからもサッカーを好きな気持ちを忘れないで欲しいです☆

なにかあったらまた遊びに来てください!
元気な顔をたまには出して下さい!

これからの皆の健康と活躍をお祈りしています<(_ _)>

最後にみんなで一枚!皆、凛々しい顔ですね(笑)
e0203832_22221635.jpg

鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-04-01 22:23 | サッカースクール
知らざるを知らずと為す是知るなり
3月5日(火)
日曜のスクールにケイタが遊びに来てくれた。ケイタとは当スクール出身で、現在沼津のクラブチームに所属する中学2年生だ。

ただ顔を出して遊びに来てくれたのかと思ったが、どうやら違うらしい。

「足元の技術がなくてついていけないんです」だそうだ。
ちょっと待てよ!俺の知っているケイタはボールテクニックはある方じゃないけど、無いわけではない。

その日のプレーを観たり、本人と話を聞いていると、おそらく「クラムジーではないだろうか。」と話をさせてもらった。

クラムジーとは、第二次成長期に特定の子にみられる現象で骨格系の急激な伸びに対して、それを操る機能面が順応しきれず 一時的に身体操作やボールの扱いが思い通りにいかなくなることをクラムジーと呼んでいます。

対処法としては伸びた足を自分の足だと認識できるようなトレーニング(いろんなステップを取り入れたラダーや、ボールを使った基本的なトレーニングなど)をアドバイスしましたが、あまり深く落ち込む必要はないと思う。

それよりも感心させられた。

今自分に何が出来て、何が出来ないのかが分かっている!

以前にもソクラテスの「無知の知」として軽く触れましたが、
自分に何が足りなくて何をしたらいいのかがわからないでいる選手は多いのではないだろうか。

長谷部選手の本じゃないけど、心を整える為に、頭の中と身の回りを整理する必要があるのではないのか。

そしたらまた違う世界が観られるかもしれない。

鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2013-03-05 13:08 | サッカースクール
印象
6月18日(月)
印象:見た時や聞いた時に、心にきざまれ、後まで残っている感じ。

中学生スクールの選手が以前にこんな事を言ってきたことがあった。
「当たり負けしないにはどうしたらいいですか?」

話を聞くと、当たり負けするから試合にでれないらしい。
真剣な目をしていたので真剣に答える事にした。

まず、当たられる事を知っていたのか、知らなかったのか。
もし知らなくて当たられるのであれば、情報を集めなければ。
知って当たり負けしているならば力関係になるから、やはりデカイ方が優位になる。

結局2人でいろんな話をしていると「当たるだけがサッカーじゃないよ」という結論にに辿り着いた。
相撲や柔道などと違ってサッカーにはもっと違う勝負の仕方がある。

そして昨日・・
「1か月くらい前から試合に出れるようになりました!」という言葉。
なぜ試合で使ってもらえるようになったの?と聞くと、
「わかりません。だけどサイドバックやってて攻撃してたかと思うと、もう戻ってるって相手のFWがビックリしていました。」

人は人によって評価される。
試合に出れてた選手も、監督指導者が変われば出れなくなる選手もいるだろう。

例えば・・
ジュースを買ってきてくれないか。
と言われて、5分後に買ってきました。
なのか、
ダッシュして2分後に汗びっしょりになって、遅くなってすいません。
なのかは感じるものが異なる。
 
同じレベルなら間違いなく自分は後者を使うでしょう。

サッカーってホントおもしろいですよね!!

鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2012-06-18 15:57 | サッカースクール
日曜スクール
5月16日(月)
昨日の日曜スクールは数回目のライン鬼ということもあって、慣れからくる上達が見られた。
ホントの狙いはここから。
鬼に有意な鬼ごっこなのだということに気づいていなそうなのでもう少し見守るとしよう!

今日の中学生スクールでのテーマは「1:1のキープとターン」。
注意点はボール保持者と奪いにきている選手が、体をぶつけて押し合いにならない事。
相手が奪いに来たらその力を利用して反転する。
ここではキープの姿勢、ボールの置く場所がポイントとなる。
良い姿勢でキープを出来れば良いターンができる。

次にゴールをつけて1;1を行う。
勿論キープ状態になりやすいように・・。
するとどうだろう!先ほどの導入の練習よりゴールをつけた方がよいターンが決まる。

中学スクール生の意識の高さを感じる!!
本当にサッカー上手になりたいんだなって伝わってくる!
同じ事を青山さんも言っていた。

日によっては試合があったりで疲れていると思いますが
これからも頑張っていきましょう!!


e0203832_23231111.jpg

先週、弟の結婚式で神戸に行ってまいりました。
その帰りに大阪に寄り道。
吉本新喜劇をみて感動しました!
「笑い」の為にみんなが一生懸命に役を作る。

一つの目的の為に全員で協力するところは、まさにサッカーと一緒だと思いました!
鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-05-16 23:33 | サッカースクール
富士スポーツクラブ 日曜スクール
12月12日 (日)
中学生17:30~18:30
小学生18:45~19:45
最近めっきり寒くなってきましたね。W-UPも「一汗かく負荷でしっかりと体を温める」を強く意識し始めました。今回は、多様な走力、瞬発力、コーディネーション、復元力を取り入れたW-UPで「自分の体をいかに自由に操ることができるか。」に着目しました。今日行った運動能力を上げるトレーニングもタイミングで行った方がいいなと感じました。
e0203832_19102229.jpg

↑中学生スクールで行ったw-up2。障害物リフティング。
リフティングしながらハードル越えが決まるとかっこいいんですよね~~!

今更??と思われるかもですが、みなさんは「クラシコ」ご覧になりましたか!?
自分は録画したDVDを借りて最近観ました。
一言でいうと「凄すぎる!完璧な試合」です。
あのレアル・マドリーが5-0で何もできなくて負け。唯一の見せ場はクリスティアーノ・ロナウドのFKとアーリークロスのシーンだけ。
まさに「ボールを持っているときは失点しない」の言葉どうりバルサのポゼッション率は70%近くあったと思います。
レアルは1-4-2-3-1、バルサは1-4-3-3で1アンカー。
レアルは3の右にC・ロナウド、センターにエジル。
本来左のC・ロナウドが右なのは、バルサの攻撃的サイドDFダニエウ・アウベスとのマッチアップを避ける為でしょう。この試合エジルは全くと言ってい程目立っていませんでした。
バルサのケタ外れのポゼッション率はなぜか・・・・?
その理由の一つをお教えしましょう。
がんばって想像してみてください!
レアルの4バックに対してバルサの3トップ。
レアルの中盤2-3なので5人。バルサは3人。
レアルの1トップに対し、バルサの4バック。
一見、レアルの中盤の人数が多いのでレアル有利かと思いがちですけど、ここからがバルサの凄いところ。
バルサのビルドアップが始まると3トップのメッシ(基本センター)が1.5列目くらいにポジションをとって自由に動く。レアルのセンターバックは引き出される事(前に上がる事)を怖がり、メッシに着いていかず、バイタルエリアのスペースを終始消す事に専念する。
するとどうだろう。レアルサイドバックはバルサ3トップのメッシ以外のマークをしているので
レアルは4バックでバルサFW2人をマークする形になる。
もうおわかりですよね!!
バルサはビルドアップ時に4-3とメッシの8人。
対するレアルは2-3-1の6人。
バルサは2人も多い状態でパスを回していたって事なのです。
とは言ってもこの日のバルサは格別でした。
一点目なんかはイニエスタがもの凄い所にパスを通してシャビが難しいボールを落ち着いて決めたという、ハッキリ言って日本ではまず観れないというプレーでした。
ホントに最高のゲームを魅せてくれたバルサありがとう!!
そしてこのグダグダな文を最後まで読んで頂き恐縮です。
このクラシコに関して、もっと書きたいのですがここまで。
by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2010-12-13 20:25 | サッカースクール
富士スポーツクラブ 日曜スクール
11月28日(日)
中学生 17:30~18:30
小学生 18:45~19:45
今日の小学生スクールは、振り替えとして他曜日の選手が初参加して下さいました!ありがとうございました!
低学年生というのもあり始めは緊張してたみたいでしたが、ゲームの頃にはガンガンボールに関わっていました。というのも、その前の二人組の練習の時に、最高学年のユウトが積極的に組んで練習をしていたのです。いつもひょうきんで、おちゃらける事が仕事みたいなユウトが、その時はお兄さんに見えました。
「サッカーは子供を大人にして、大人を紳士にするスポーツ」
これからも選手の成長を見守って行きたいと思います。
 
e0203832_22505688.jpg

スクールの時間と同じ頃やっているテレビです。動物の生態を研究、調査している番組です。
ちなみに毎週録画をして後日観ています。
以前あった回のライオンが数頭で獲物を捕らえる時なんかは、まさにサッカーと重なります。
ライオンが選手で獲物がボールです。相手からボールを奪う為に罠をしかけたり、待ち伏せしている所へと誘いこんだりして、奪える時(捕らえる時)は逃がすものかと目の色変えて打ち取る。ライオンも生きるのに必死だから成し得るチームプレイの様に感じます。
さしずめ「ボールを狩る」と言ったところでしょうか。
by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2010-11-28 23:02 | サッカースクール
富士スポーツクラブ 日曜スクール
11月21日(日)
中学生17:30~18:30
小学生18:45~19:45
今日の中学生スクールは、いつもよりも多くのFCfujiの選手が参加してくれました!ありがとうございます!スクールの内容は、個人スキルからポゼッションの基本、ゲーム、シュートトレーニングという流れでした。いつもとおさえてる点は一緒なのですが、基本スキルを一歩踏み込んでみました。来週も頑張りましょう!
e0203832_22375885.jpg

今日のトレーニング風景から↑
「腕立て相撲」・・・腕立ての姿勢を保ったまま相手の手を払う。手を払いバランスを崩したら負け!
e0203832_2245325.jpg

富士山の写真。好きな一枚です。
昨日急きょ両親が富士山見たくて河口湖に1泊旅行に来たと連絡がありました。そういえば自分も静岡に来て富士山の虜になった一人です。ホントに美しいですよねぇ~!
自分の田舎(新潟)で、ずっっっと虜になっているものです↓
e0203832_2334288.jpg

とんかつ政ちゃん(まさちゃん)のかつ丼です。年に一度新潟に帰るのですが、必ず食べます!!
ホントにうまいんですよ!!!
ちなみに某コンビニで「たれかつ」という類似品を食べましたが雲泥の差です。
機会があれば是非御賞味あれ!
by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2010-11-21 23:11 | サッカースクール
富士スポーツクラブ スクール日曜日
11月14日(日)
本日は未来のFCFujiっ子が元気に練習会を行っていた。選手の眼は真剣そのもの!たくさんの方々が練習会に参加していただいた事、ホントにありがたく思います。FCFujiの明るい未来が想像できました。スクールの合間にどんな選手がいるのかなぁ~って観たけどみんな本当にサッカーが好きなんだなぁ~というのが率直な感想。「好きこそものの上手なれ!!」選手の大切な(デリケートな)部分を尊重して育成している富士市に感銘を覚えました!

さて、そんな選手の姿に重ねて思ったこと。それは世の中は第三者に評価されるということ。学校、クラブ活動で試合に出る出れない、入試や日ごろの私生活・・・常に競争なのだということ。1点が勝敗、合否を決めているという現実。その1点に喜ぶ人がいれば泣く人もいる。当然の話だが、勝つチームがあれば負けるチームがある。クラブに受かる人がいれば、落ちる人もいる。受験に合格する人がいれば、不合格の人もいる。では受かる人(試合に出れる人)と落ちる人(試合に出れない人)の違いは何?それは目標に向かってコツコツ頑張れるか否かなのかもしれない。もしくわ、人間性で決まっているのかもしれない。だけど試合に負けたからって、入試、セレクションに落ちたからって前向きにいて欲しいと思う。そういうときだからこそ決まって思うこと。苦しい時は人が成長している時なんだと!

おしまいに「うさぎとカメ」の話から。
うさぎとカメ、走るスピードが速いのは当然うさぎ。では何故カメがうさぎに勝てたのでしょうか?
それは目的が違ったからです。うさぎの目的はカメに勝つ事。カメの目的はゴールをする事。目的の違いが結果に現れたのです。

みんなの目的は何ですか?その目的はハッキリしてればしてるほど、サッカーも伸びるのだと私は信じています。

by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2010-11-15 03:42 | サッカースクール
富士スポーツクラブ 日曜日スクール
11月7日(日)
中学生17:30~18:30
e0203832_2244521.jpg


僕はストレッチを真剣にする選手は、良い選手になる要素が備わっていると考えます。
おかしな言い方かもしれませんが、試合に出す出さないとなったときに、ストレッチを誰よりも真剣にする選手には「騙されてもいい!」というくらい信用して良いと思います。その選手が活躍する、活躍しないは二の次なのです。
と言うのも、「サッカーのプレイには性格が現れる。」と思うからです。
練習態度なんかは勿論なのですが、他にも集合したときに必ず指導者の前にいる選手にも自然と期待感は高まります。

小学生18:45~19:45
今日スクール修了後に、ダイゴが倉庫にコーンを自主的に片づけてくれました。練習などでも頼めばみんな手伝ってくれるのですが、今回は自分で仕事を見つけて行動をとった事がとれもうれしく思いました。さりげない行動でしたが、ダイゴの心の成長が見えた気がします。
by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2010-11-07 23:15 | サッカースクール
富士スポーツクラブ サッカースクール 日曜日
10月24日(日) 体育館
中学生17:30~18:30
小学生18:45~19:45

今日のスクールは雨天の為体育館でしたが、グラウンドでは小学6年生を対象としたFCFujiの練習会が行われていました。雨の中、未来のFCFujiっ子?が走り回ってました。日曜日のサッカースクールは雨天中止がありません。日曜日は体育館が使える為グラウンドか体育館でできるのです。

最近w-upの中でボールフィーリング+コーディネーション=ボールネーション???を取り入れた運動を小、中学生のスクールで5分程度ですがやっています。実際やってみると簡単なものやそうでないもの、さまざまなのですが、驚くことに小学生にできて中学生にできない事があるんです。そういった現象を見せられると燃えます!たいていの中学生は「高校でサッカーをする。」と答えるのでなんとか高校生になるまで微力ながら応援させていただきます!
e0203832_04289.jpg

↑ボールネーション??言葉なかったら造語ということで。


8月に夏の短い休みを利用して東京ドームに野球観戦しに行ってきました。
理由は2つ。
1つはドームに入ったことがなかったので単純に行ってみたかった。
1つは野球はなぜそんなに人気があるのか?
そんなことを考えつつ実際行ってみると、ビックリ!!!観戦者が非常に多い!サラリーマンが会社帰りにちょいと一軒、的な感覚でごったがえってるし。年齢層の幅もある。老若男女に愛されているのがわかる。更には真夏なのに涼しい。ドームの選手は蒸し暑さ知らずなんですね!
結果、野球とサッカーを比べたら、野球の方が断然観やすいしわかりやすい。という印象を受けました。野球はワンプレー・ワンプレーが途切れ途切れで、9回を表裏に分けて1イニングを3アウト制。これを切って分けるとしたら、9回×3アウトで27。×2(表・裏)で54。対してサッカーは45分+45分の2。例えるならケーキを1ホールそのままかぶりついて食べるのと、小分けにして適量づつ食べるというイメージで断然野球ケーキの方が食べやすい。
楽しみに行ったのに悩まされて帰ってきました。
以前読んだ本に、「向上したいと思ったら、つべこべ言わずに1万回やってみろ!」
何かを1万回繰り返して、質的な変化を起こさないなんてことは、あり得ないのです。量が蓄積することで、必ず質も向上していきます。とありました。野球で言えばポジション練習。(ピッチャーは投球練習・・・etc)だけどサッカーはこの練習だけをやっておけば大丈夫、ということはない。サッカーはやっぱり多様性スポーツだということを認識させられました。良く観て、かゆい所に手が届くような指導を心がけていきたいです。
「学ぶ事をやめたら、教える事をやめなければいけない。」ロジェ・ルメール
結論、サッカーケーキは今は食べにくいかも知れないけど、味は絶品でなければならない。
e0203832_131342.jpg

↑ちなみに巨人vs中日。中日が勝ちました。
by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2010-10-25 01:11 | サッカースクール



www.fujisportsclub.jp
by fujisportsclubjp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
富士スポーツクラブ
最新の記事
こどもの日に、
at 2016-05-05 21:19
うさぎとかめのはなし。
at 2016-04-22 21:56
雨の中でのリフティングドリブル
at 2016-04-21 22:13
今のプレー美しくないよ!
at 2014-03-14 16:03
初蹴りOB写真
at 2014-01-16 11:36
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
カテゴリ
全体
ニュース
富士スポーツクラブ
FC Fuji ジュニアユース
サッカースクール
サッカークリニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧