<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
新人合宿初日
4月29日(金)

ジュニアユース1年生の2回目の合宿。日中はヴィヴァイオ船橋と翔洋中との合同練習。
午前は三保海岸にてリフティング練習。↓
e0203832_22352663.jpg

午後は個人技を中心とした内容の合同練習。
宿舎に戻ってすぐ食事、入浴、学習、ミーティング。
ミーティングではだいぶ疲れている様子。
明日の朝練に備えてはやめに消灯。
タイトな日程の中で、何でも自分でする習慣を身につけたくましくなってほしい。

1年生の4月・5月に何を学ぶかによって中学3年間が決まる。
この合宿では「意識を高く持ってやる」とはどういうことかということについて真剣に考えられるようにしたい。

午前の練習ラスト、リフティングクリアー組からしばしのエンジョイタイム。
e0203832_2246594.jpg

若干1名はりきりすぎのT島くん。リフティングもそれくらいはりきってやってくれればもっといいんだけど・・・。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-29 22:50
選手の自信、指導者の我慢
4月27日(水)

「選手に自信を持たせる。」ことは指導者の命題。

「勝って自信を得る。」とよく言うけれど、いくらかの指導経験の中で、個人的な意見としては本当にそうかなぁと疑っている。「負けて自信をなくす。」も本当にそうかなぁと疑っている。

夏の甲子園予選に向けて高校球児達、とくに3年生の顔つきもかわってきた。そんな話を野球部の戸栗先生に持ちかけると、「最後の大会のここ一番では、裏付けのあるやつじゃないと勝負できない。やっと3年生の中にも、そういうやつがでてきた。」と。では、自信の裏付けとは何か。「やらされてできても本物の自信にはならない、勝負できない。意識の高さ、自主性から生まれてくるものでないと本物の自信は生まれない。」と教えてくれた。

やっぱりそんなものなんだろうと思う。
選手がここ一番で「やれる!」と自信を持つためには、自分でやってきたという自負とそれに対するプライドが必要かと。
指導者は「選手に自信を持たせる」ために、選手に自主性を持たせることが命題。

戸栗先生が「自信のない選手に、自信を、自主性をもたせるには時間がかかる。だから指導者は我慢が必要。」とも教えてくれた。

この我慢が難しい。
「選手に自信をもたせる。」ために指導者は我慢が命題。
これが今の自分の課題。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-27 23:08
日曜スクール
4月25日(月)
日曜スクール(4/24)

中学生17;30~18;30
小学生18;45~19;45

小学生の中にもバルサが負けたことにショックを受けている子がいた。
そんな日のGAMEではもっぱらバルサVSレアルの話題に。

「俺メッシ!」「俺はビジャ!」「じゃー俺ロナウド!」「G君はプジョルね~!」

そうやって誰かになりきってサッカーすることって実は大切かもと思った。

自分も86‘メキシコW杯でアルゼンチン代表のマラドーナに憧れて左足の練習をして、
90‘イタリアW杯で西ドイツ代表のブレーメに憧れてカーブの練習をして・・

もっと昔にはキャプテン翼に憧れてオーバーヘッドキックの練習・・

自分からいろんな選手の真似をすることは、教わる事とまた違う大切さがあると思う。

自分で調べたのは忘れにくいのである。

教わったものは寝て起きると60%しか覚えてない。
翌日また寝て起きると60%のまた60%しか覚えてないらしんです。

結果、何日も何もせずに過ごすとほとんど覚えてない状況なんです。

だからサッカーでは反復練習、勉強だと予習・復習が大切なんですよね!

話戻りますけど、僕が小5の時に図鑑で調べた雑草の名前今でも覚えているんです!
「アレチノギク」「オオイヌノヌグリ」がそうなんです。

勉強もサッカーも自分からやるってことが大切なのかも知れませんね!!

ちなみにその日のgameでみんなバルサやレアルの選手を言ってたのに若干一名が
「俺、前田敦子!」と言っていました。

自分はその子の感性、嫌いじゃないです(笑)

鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-25 22:31 | 富士スポーツクラブ
食育講習会
4月24日(日)

本日食育講習会を開催。「小中学生のための今日からはじめる簡単レシピ」
池谷コーチの友人で元横浜FC早川さんに紹介をしていただき、昨年まで横浜FCで栄養アドバイザーをつとめた河谷彰子さんに講師をしていただいた。

講習会では、スポーツをする小中学生に何が必要か、またいつどのようなタイミングで何を食べればよいかなどについて、プロ選手の実例をまじえながらわかりやすく説明をしていただいた。

食事もトレーニングの一部。
選手が自分で何を食べたらよいか選択することが大切。
保護者の方々には「ちゃんと食べなさい。」と押しつけるのではなく、「好き嫌いをしてると怪我しやすくなるよ」とか「食べないとスタミナきれするよ。」と選手に選択させることが大切。
と、河谷さん。

なるほど、食事もサッカーも同じ。
選手が今日の講習会で食事の必要性や重要性、またそのスキルを知ったことが大切で、後は、選手がどれくらい高い目標をもって、日々の食生活をどれくらい高い意識できるかどうか。

講習会後、質問にきた高校生とのやりとりの中で、キングカズ選手の話になり、「プロ選手もいろいろいるけれど、カズ選手のような本物の一流選手は食事も妥協をしない。」と教えていただいた。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-24 22:14
新入生へのメッセージ
4月23日(土)

今日はジュニアユース2年生の公式戦が雨天中止になってしまい、1年生が藤枝東高校Gにて藤枝東FCと練習試合。1年生の初試合。みんなはりきって初試合に臨んだけど、だいぶひどくやられたなぁ。さすが、サッカーの町藤枝。1年生ながら洗練されたプレーをして、特にゴール前でのクロスのあわせがすごく上手かった。相手からもおおいに学んで欲しい。

それでもめげずに最後まで気よく立ち向かっていったところは良かった。
まだまだドリブルもパスも相手を見れず自分のやりたいようにやって、相手に簡単にボールをプレゼントして。帰り際にはチーム荷物を会場に忘れて、池谷コーチにプレゼントチームだななんて軽い嫌みもプレゼントされて。

それぞれ、自分なりにいろいろ変えようとチャレンジしているんだけど、進歩のための変化には時間がかかる。さらに、どんな相手に対しても上手くプレーできるようにするためには、できるだけ苦手もなくすようにしないといけないからさらに時間がかかる。

無意識でもできるようになるまで意識して練習すること。
自転車に乗れるようになるために、何度も転びながらも慣れるまで練習したように、失敗してもめげずに、今までの自分にとらわれず、自分なりに毎日意識して繰り返して練習すること。
進歩するために自分を変えるにはそれしかない!
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-23 22:13
いつでもどこでもだれとでも
4月22日(金)

コーチ指導者がチーム分けをしようとするとこども達から「○○くんといっしょのチームになりたい!」とよく求められる。
低学年の子達はいつも仲の良い友達を選ぶ。
高学年になると上手な子を選ぶ。
高学年ともなると、こどもながらに楽をして勝つ方法をよくわかっている。

そういうときは必ずいじわるして別のチームにする。
低学年の子達は「なんでぇ」と一瞬ふてくされる素振りをみせて、ゲームが始まると何もなかったかのように必死にボールを追いかけてやる。
高学年の子達には「人に頼ってどうすんだ、自分でやれ!」と喝をいれる。ゲームが始まれば、同じように必死にボールを追いかけてやる。

いつでも、どこでも、だれとでも、サッカーをできるようになってほしい。
自分がやるという積極性とプライドをもって、○○くんと呼ばれないかもしれない仲間の寂しさをわかって。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-22 22:33
フリーゲームにて
4月21日(木)

4月になって木曜日のフリーゲームに、何人かの日曜と月曜のスクール中学生が参加してくれている。
今日のフリーゲームでは、その中学生の1人タクトのオレンジチームがステキだった。
中学生ならではの技量の高さはもちろんのこと、いっしょにプレーする小学生達をうまく鼓舞したり、励ましたりして、みんなのプレーを輝かせくれていた。18:00に集まって、コーチによって学年のバランスよくランダムに振り分けられたいわば急造の集まりが、見事ひとつのチームとなってサッカーをエンジョイ。まだボール扱いがおぼつかない3・4年生達も、果敢にボールをもってプレイし、自信ありげにビッグプレイを連発!

春休みにヴィヴァイオ船橋さんと新入生の合同練習をしてもらった折り、代表の渡辺さんに、クラブ運営で大切なことは「みんなが得するようにすること。」と教えていただいた事がすごく心に残っている。

今日のフリーゲームにて、サッカーも同じだなぁと中学生のタクトに教えてもらった。
連勝を続けて、ラストゲームの前にやっと負けたタクトチームの小学生達が「ずっと勝ってたのに大事なラスト前に負けちゃった。」と嬉しそうに満足げに負け組コートにやってきた。
ラストゲームでは、連敗続きで半ばなげやりになっていたブルーチームも、タクトのオレンジチームに大敗を喫しながらも、最後は内容ではナイスゲームを繰り広げて元気を取り戻した。
中学生タクトの心遣いあるプレーのおかげで、チームの小学生も、対戦相手までも上手にプレーして。みんなが楽しめて、みんなが上手くなるこんなフリーゲームがたくさん出来るといいな!
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-21 23:00
イメージを利用してプレーする
4月20日(水)

ジュニアユースの練習に久しぶりにショウタロウコーチが来てくれて、一緒にゲームに入ってプレーしてくれた。「大事なところでのイメージが足りない。」と感想。

そういえば、自分も中学2年生の秋くらいに、プレーにイメージが足りないと言われて、3ヶ月くらい試合に出してもらえず干されていたことがあったなぁ。イメージなくもって探してつぶされ、自分でもうまくいかないのはわかっていても、それが何なのかわからず、試合にも使ってもらえず、悔しい思いをしてやってたなぁ。

ここでいうイメージのあるプレーとは、単に見るものに反応してプレーしようとするのではなく、先に頭の中で次のプレーをいくつか持っておいて、それを状況に応じて変化させながら先手を打ってプレーするというような事だろうか。

自分の経験から言えば、それまで目で見たものだけを頼りにプレーするやり方を、頭の中で見るというイメージを利用するやり方にかえていく作業は結構大変。
頭の中で見ると行っても、全くの想像でするわけにはいかないから、先に見ておく習慣をつけないといけないし、先に見た状況をもとにイメージを持っておいても次の状況が自分の想像通りになるわけないから、いくつかのイメージを同時にもっておかないといけないし、実際にプレーはその状況に応じて変化させれないとうまくいかなし。

そういう感覚を身につける事が中学生にとってすごく難しいのは経験上よくわかる。
大人になると、楽をしようとするから、あらかじめよく周りを見てプレーするし、経験があるから、だいたいこういうときはこうなるとか、こういうのが効果的ってことがわかるんだけど。

どうしても試合に出たくて、サッカーノートに、何通りものボールを受ける状況を設定して、何通りもの次のプレーを想像して、イメージトレーニングもどきの自分なりの訓練をして、ちょっとはイメージあるプレーができるようになったかぁというのが中学2年くらいの自分の経験談。

すでにイメージを上手く使えている選手もいるし、簡単にシフトチェンジできる選手もいるだろうし、だいぶ苦労する選手もいるだろう。いずれにしても、もうワンランクレベルアップするには、イメージを利用するプレーは必要。苦労して身につけたものほど、しみこんでいくもの。めげずに見つけて欲しい。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-20 22:59
我が家の朝
4月19日(火)

4月から娘が幼稚園に通い始めました。
朝の楽しみは、自分で幼稚園に着て行く服に着替える娘を観る事。幼稚園に入る前から練習だと言われ、ある程度自分で着替えるようにしてはいたものの、ブラウスのボタンやサスペンダーのついたスカートは3歳の子供には難しい。
ブラウスのボタン一つに2~3分かけている娘。隣で手伝いたい気持ちをグッとこらえ、観ている自分。サスペンダー付きのスカートに悪戦苦闘している娘。さすがにこれは難しいと手を差し伸べてしまう自分。娘のためには手を貸さない方が良いと分かっていても、つい手伝ってしまう。

出来ないことがひとつづつ減っていく喜びと寂しさ。親って複雑ですね。

e0203832_23302697.jpg


ちなみに娘が家の中で静かなのはボタンをしめている時と、パズルをしている数分間のみ。
小さな体のなかに溢れるエネルギーに、人間の可能性を感じる。出来ないことなんてないんじゃないかと。
親として見守る覚悟と忍耐が必要だと痛烈に感じる我が家の朝です。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-19 23:45
日曜スクール
4月18日(月)

4/17日曜スクール
中学生 17;30~18;30
小学生 18;45~19;45
今日も体験スクールに参加して頂きありがとうございました!
一緒にがんばって行きましょう!

ところで最近感じることなんですが、「春に年をとる」ということです。
誕生日は夏なんですが・・。

選手が一学年進級するたびに自分もなんだか気持ちがリセットする感覚といいましょうか。
選手とともに自分も新たな気持ちになると言うんですかね。

出会いと別れの季節。それが「春」。

こうしていろんな人と関われていることに感謝しながら、
更に日々邁進して行こうと誓う今日この頃でした。


最近のマイブーム☆
①MARIAH CAREY 「E=MC²」
 R&B色が強くて、とても落ち着く曲や、ポップなリズミカルな曲など聴きやすいですよ!
 ご興味があれば聴いてみてください。百聞は一聴に如かず!

②mini stop のバニラソフト
 10年ぶりに味が変わりました!今までのバニラソフトも好きでしたが、
 以前よりも更にクリーミーで口当たりがまろやかに感じます!
 よければ御賞味あれ。百聞は一食に如かず!ですな☆
 鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-04-18 21:25 | 富士スポーツクラブ



www.fujisportsclub.jp
by fujisportsclubjp
富士スポーツクラブ
最新の記事
こどもの日に、
at 2016-05-05 21:19
うさぎとかめのはなし。
at 2016-04-22 21:56
雨の中でのリフティングドリブル
at 2016-04-21 22:13
今のプレー美しくないよ!
at 2014-03-14 16:03
初蹴りOB写真
at 2014-01-16 11:36
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
カテゴリ
全体
ニュース
富士スポーツクラブ
FC Fuji ジュニアユース
サッカースクール
サッカークリニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧