<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
余裕パート2
1月31日(月)
歯を食いしばって、一生懸命走るのと、
笑いながら走るの。笑いながら走る方が早いって知ってました?
勿論、爆笑してては駄目ですけどね!
歯を食いしばると体に力が入りすぎて、体の動きが硬くなり、
逆に笑いながらですとリラックスして体がスムーズに動くんですって!

今更ですが今年の高校選手権で準優勝、京都代表の久御山高校の選手はもの凄く笑顔が印象的でした。
苦しい時だからこそ楽しめるって素晴らしいなって思いました!

もしかして、人生もガムシャラに力んで生きているより、
笑いながらリラックスしている方がスムーズに行くのかな!?

みなさん風邪には十分気をつけて下さい!!
風邪は治療でなくて、予防です!

by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-31 22:00 | 富士スポーツクラブ
自己満
1月30日(日)

今日は朝からジュニアユースの県プレリーグへの参入戦の試合。暁秀中に0-5、伊東南中に4-0という結果でプレリーグへの参入ならず。ジュニアユースを立ち上げちょうど10ヶ月、今日の結果は出せずとも、選手達が、フィールド上で、何をすべきか、何をしたいかを表現しようとする姿を垣間見ることができ、成長を感じることができました。2年生になる4月を前に、今後に向けて何をすべきかを見直すよい機会となりました。
e0203832_21132261.jpg

↑しんやコーチのアルクラブ効果?ジュニアユースの応援に来て下さったお母さん達が、こども達の解散を待つ間にウォーキング。(池谷コーチ盗撮)

夕方からは、来年度4月から新しい仲間となる2期生の練習会。基本練習とゲーム形式のトレーニングを行い、イキイキとしたプレーを見せてくれました。

成長する1期生、来年4月からやってくる2期生、ウォーキングのお母さん達。まだはじまったばかりだけどほんの少しの歩みと、こうあったらいいなと思い描くクラブの姿がそこにあって少し自己満。昨夜の延長戦のおかげで寝不足な今日は、ぐっすり眠っていい夢がみれそう。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-30 21:30
高校サッカーは草薙で
1月29日(土)

自分が小中学生のころはまだJリーグはなく、日本リーグ(JSL)。たまにヤマハ発動機の試合を観に連れて行ってもらった記憶は、かすかながらあるが…その当時サッカー少年達の憧れと言えば「高校サッカー」のお兄さん達であった。少なくとも僕の憧れは清水東の青いユニホームを着たお兄さんや、清商のアディダスのユニホームを着たお兄さんや、東海第一の黄色と黒の縦縞のユニホームを着たお兄さんであった。草薙球技場で行われる高校選手権。吹奏楽部の演奏と祈るような表情で見守る女子生徒。負けたら終わりという緊張感の中で繰り広げられる戦い。ピッチと満員のスタンドの一体感。当時の静岡県でサッカーをしている少年達にとって、あの満員の草薙でプレーするということは、バルセロナの下部組織の選手たちにとってのカンプノウと同じ位の憧れの対象であったと思う。ちょっと大袈裟かな。

今日の午前中、吉商のグランドで新人戦の東部大会準決勝、吉商VS富士東の試合を観戦。そこにジュニアユースの選手がちらほら。その後、ジュニアユースの練習試合。そんな光景を青山さんと見てて、何年後かにはジュニアユースを巣立った選手が高校生になり、その試合をまたジュニアユースの選手や小学生が観戦する。そうなっていったらもっと面白いだろうなぁなんて話をしてて、上に書いたようなことを思い出した。高校生は見られることでより良くなり、その下の子達は高校生に憧れ、あんな風に上手くなりたいと一生懸命まねをする。そしてそれをあたたかく見守る大人達。そういった環境を整え維持し、地域の人たちがスポーツと共に生きる。そんな光景をイメージしながら今日は眠りにつきます。夢の中で日本代表を応援。

余談ですが、吉商戦の後の富士宮北VS伊豆中央の試合の副審2名(吉商杉山先生・富士東渡辺先生)の大先輩コンビの存在感・重量感は圧倒的でした。お疲れ様でした。

池谷
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-29 23:24
職業講話
1月28日(金)

今日は吉原第二中学校で中学校1年生を対象とした職業講話の講師として行ってきました。「スポーツ関係の仕事・スポーツ指導者の仕事について」というテーマをいただき話をしてきました。折角いただいた話なので是非やってみたいなという思いもあったけど、スポーツ関係の仕事といってもまだスポーツクラブをはじめて1年も経たないし、スポーツ指導者の仕事といっても指導者としてはまだまだ修行の身だし、それについて講師として中学生に話をするなんて恐れ多いということで、昨年まで横浜FCでプロサッカー選手として活躍した早川知伸くんにお願いして、強力助っ人を伴って行ってきました。

現在のクラブの活動や、目指すべきクラブ像、それから自分の一日の仕事や目指すべき指導者像について話をしました。
早川くんは、どうしたらJリーガーになれるのかや、Jリーガーになるために必要と思うこと、契約や移籍の話、Jリーガーになって良かったことやつらかったこと、それから引退とその後のキャリアについて話をしてくれました。中学生から「年収はどれくらいですか?」なんて質問が飛び出したので、Jリーガーの給与体系の話もしてくれました。
自分も含めて、普段なかなか聞くことができないプロ選手の職業観を聞くことができたので、中学生にとってもすごくよかったのではないかなぁと。印象に残っているのは、Jリーガーになるために必要なことという件で、挨拶も含めて人としてちゃんとした態度で人と接することが出来ることと話していたこと。まさに今日の早川くんそのもので、立派だなぁと感心させられました。

最後は、Jリーガーも含めて、スポーツに関わる仕事は、多くの場合、自分の好きなことを仕事としてやれるから、それがやりがいにもなるし、一番の魅力だけど、これからもっとスポーツの社会的な価値を高めるような活動をして、もっと魅力的な仕事になるよう頑張りますと二人で誓って終わりました。

貴重な体験をさせていただいた吉原第二中学校の先生方、生徒のみなさんありがとうございました。

強力助っ人早川くんありがとう。今度はスポーツクラブにも話に来て下さい。

個人的には、中学生に夢をもつことや、それが人生にとって何なのかということをちゃんと伝えられなかったことが反省点。幻想でない夢について、しっかりと語れる大人でありたい!
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-28 23:37
アルクラブ@NO.1
本日第1回目アルクラブがありました。最初は2人しかお母さん方がいなくいきなり廃部かと思いましたが…
徐々に人数も集まり大人8人子供3人でウォーキング+ストレッチを行いました。

普段使わない筋肉を使ってウォーキング終了直後に体に異変を感じるお父さん、「まだまだ若いから大丈夫!!」と強気なお母さん、お兄ちゃん早くサッカー終わらないかな?と思いながらウォーキングをしていた子供たち。

45分という体が温かくなりはじめた時間に終了と少しやりたりない感じを狙い、これからも長く続けていきたいと思います。

本日はありがとうございました。次回はもっと人数が増えることを期待しています!!

byしんやコーチ

次回予告
2月2日(水) 18:00~18:45
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-28 22:43
アルクラブ~はじめの一歩~ byシンヤコーチ
1月27日(木)

スクール生の保護者のお母さんが娘さんといっしょに、おにーちゃんのスクール時間に、グランドの周りでしているウォーキング。
最近は待っている時間も寒いので、グランドで見ている保護者の方の数も少ないのでだけど、さすがに座って見ているだけでは寒いので、ウォーキングでもとはじめたのかなぁ。

以前から、杉山先生が見ている保護者さんのために何かしようと提案してくれていて、スクール生のお父さんからも待っているお母さんの健康のために何かしてくださいとの要望もあり、肥満に託けて、池谷コーチのジョギングクラブをはじめようと、企画依頼していたのだけど、待っているそのスクールの担当が池谷コーチ本人なので、無理な話で、なかなかはじめられなかったのだけど。

今日もウォーキングしているお母さんと娘さんにつれだって、別のお母さんもいっしょに歩き始めたので、これぞ目指すべきクラブの姿と感動し、しんやコーチに明日からウォーキングクラブを始めようと軽い感じで投げかけたら、二つ返事でやりましょうと言ってくれたので、この度、富士スポーツクラブでお母さんを対象にしたウォーキングクラブを発足させました。

明日1月28日金曜日第一回 
時  間:18:00~18:45
集合場所:吉原商業グランド キック板前
担  当:加藤しんや(確かではない知識をたくさんもっている。) 
内  容:ウォーキングとストレッチ
対  象:スクールを見学するつもりの、もしくは見学するつもりもない、お母さん。
     お父さんも可。
格  好:動けるもしくは動けるであろう格好。ストレッチは人工芝の上で行います。
注意事項
*ウォーキングおよびストレッチ中の怪我においては保険などには加入しておりませんのでご了承下さい。
*寒い、疲れた、無理と言わない。
*次回未定

しんやコーチといろいろウォーキングクラブの名前について考えたのですが、
・「ウォーキング苦LOVE」苦しさも好きになろうという意味を込めましたが、苦しいのがマイナスだし、そもそもウォーキングは苦しくないだろ、夜のお店の名前みたいだしということでボツ。
・「ACFuji」Aは歩くだそうでセンスなしでボツ。
・「しんやコーチのウォーキングGOGO」は本人があまり乗り気でなかったのでボツ。
ということで「アルクラブ~はじめの一歩」に決まりました。
是非みなさんご参加下さい。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-27 23:45
昨日の試合の話題で盛り上がる楽しい今日一日
1月26日(水)

昨日の韓国戦面白かった。今日はどこに行ってもその話。深夜にみんなが熱狂して応援し、今日は寝不足な感じな人が多かった。昨日やったサッカーの試合の話題で盛り上がる今日一日は楽しい一日だったなぁ。

特に前半戦の戦いぶりと1点目の得点シーンは感動した。後半以降は疲れも見えて思い描いたような試合にはならなかったけど。今後の代表が、1試合通じて前半のような戦いぶりを発揮できるようなタフさを必要とするのか、行くときと行かないときのメリハリをつけるようなゲーム運びのうまさやしたたかさを必要とするのか、実際にどれくらいの心理的、体力的なストレスがかかっているか想像も及ばないからわからないけど、個人的にはあれくらいの舞台であんな崩しからのゴールシーンがみれて大満足だった。
今日のなんかの番組で、昨日の試合のパスの本数が日本400何本、韓国300何本と言ってたけど、結果から見れば、そんだけ手数をかけてやっと同点かという見方もある。けど、個人的に1ファンとしては、そうやって試合を組み立ていく日本のやり方は、見ていてとても楽しいし、そんなやり方の中での昨日の左サイドのくずし、そして長友選手のえぐりからの前田選手の得点はとても魅力なゴールシーンだった、感動した。
勝利もさることながら、魅力的なスタイルやゴールシーンがまた見られるかもと思うと、次の試合がすごく楽しみ!

今日、もうひとつ感動したこと。いつもジュニアユースの選手といっしょにプレーしながらコーチをしてくれるかずやコーチが、今日の練習後、「いっしょにプレーしていると、自分も新たに学べることがあるからすごくためになる。」と言ってくれたこと。見せることが選手にとって一番いいのではないかという思いで、選手といっしょに、しかもマジでプレーするようにお願いしている。コーチになったばかりでホントは別に伝えたいこともいろいろあるんだろうけど、そんな気持ちで、そんな姿勢で、選手と接してくれていることに感謝、感動。かずやコーチ、しんやコーチ、いつも忙しい中、手伝ってくれてありがとう!
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-26 22:38
予定変更、韓国戦。
1月25日(火)

ブログを書きだそうとしてからはや20分。韓国戦を観てしまって進みません。予定変更、韓国戦を観ながらブログにさせていただきます。ちなみに音声は消して観戦中。
たった今PKで先制されました。これから面白くなりそうです。

前半終了1-1。ワンチャンスで決めそうな雰囲気満載の韓国。人数かけて崩してる割には点が入らない日本。試合を決めるしたたかさがあるような気がする韓国。ほんの少しのしたたかさが足りないような感じがする日本。勝敗はディティールで決まる。であるならば、勝つのは韓国?
ロングボールへの対応が不安。U-20もアジア予選で韓国にロングボールでやられたような気がする。あと、迷わずにゴールへ向かって仕掛けてくる韓国に対して、守備の対応が遅れた時のファールやセットプレーも怖い。
後半残り20分。流れは韓国にある。ここからどうやって流れを引き戻すのか?選手交代?開き直り?それともこのままやられてしまうのか?
本田・香川・岡崎の三人が仕掛けた時に得点が生まれそうな予感。が、しかし香川アウト細貝イン。
防戦一方。いつ失点してもおかしくない雰囲気。苦しい。
後半終了1-1。いつリスクを負って仕掛けるか?開き直れるか?
延長戦開始。ボールを持って怖がっているように見える選手がちらほら。まだ苦しい。
日本PKで2-1。PKは遠藤でお願いします。それにしても細貝、後ろから勢いよく走りこんできていた。この貪欲さが勝利を引き込むか?
日本8人+GKで守備ブロック形成。守りきれるか?それにしても長友よく走る。
延長終了間際失点2-2。守り切れなかった日本。追いついた韓国。PKで勝つのは?

日本勝利。願わくば延長で試合を終わらせてほしかった。韓国がいるから日本が強くなれる、そんな試合でした。

池谷
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-26 01:09
「余裕」
1月23日(日)
自分でブログを書くようになって大きく変わった事があります。
それは自分もいろんな人のブログを読むようになったということです。
なにげないことですが、いろんな方の頭の中を覗けるのでおもしろいです。

次のは愛読している何人かの中の1人の方のブログより・・

・・・前文略
ミランの選手は、どんな試合でも相手をなめてかかります。
これは、彼らの自信とステイタスから来るものなのでしょうか!
彼らは、ここ一番の試合では、100%の力を出しますが、あとは、適当にやっています。
これが、世界のサッカー選手です。皆さんが考える世界の選手とはちょっと違うかもしれませんね!
日本人的にいうと、どんな相手でも100%の力を出し切る。また、そのために100%に準備をするなどという事が、世界のスーパースターの集団では、当たり前のことと思うでしょうが、そうではありません。みんな人の子です。できるだけ手を抜きたいと思っているのです。
だから、監督は重要なのです。
・・・後文略


最近、いろんな現場で、いろんなカテゴリーのいろんな選手を観て感じる事の1つ。
「選手が一生懸命プレーしすぎるのではないか!?」
もちろん選手全員がそうだとは思わないし、選手自身がどーしても勝ちたいと、死ぬ気で頑張っているのだから悪い事でもないように思える。
かといって上の紹介したようにナメてサッカーをした方がいいなんて少しも思わない。

だが1つ言えそうなのが、必ずしも

ガムシャラにプレーをする=良い選手
緊張感の薄い選手=悪い選手

ではなさそうだということ。
そして私もまだまだ修行が足りぬということ。

e0203832_22191860.jpg



↑日本平ホテルのお庭にお邪魔させて頂きました。
お恥ずかしながらつい最近になって「華麗なる一族」を見ました。
木村拓哉さんになった気で手を叩きましたが、「将軍」は現れませんでした(笑)
自然に包まれるような感覚になるこのお庭のファンになりました!
by鶴巻
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-24 22:27 | 富士スポーツクラブ
つま恋
1月22日(土)
今日の午前中は5年生の地区トレセン大会を見に掛川つま恋へ。その昔、自分も出場したなぁと思い出しながら。当時は、地区トレセンチームで全日少に出場できたから、5年生つま恋大会は、全日少を見据えた腕試しのような大会だった。現在静岡県では、全日少へのトレセンチーム参加は認められておらず、8人制になったこともあり、各チームの大会に対する位置付けも、チームというより、個人の腕試しという様相。それぞれの選手が、それほどチームの約束事みたいなことにも縛られずに、それでも各地区のプライドをかけて精一杯プレーする。チームのやり方がないだけ、うまくプレーを選べず戸惑い気味の選手もいれば、執拗なマークもなく、伸び伸びと自分の力を存分に発揮する選手もいる。全日少前哨戦として、各地区トレセンがチームとして勝負していたつま恋も面白かったけど、現在の個人としての力量勝負のようなつま恋も見ていて面白い。この地区にすごい選手がいるなとか、今年はこの地区に面白い選手がたくさんいるなとか、この地区はこういうタイプの選手がよくでてくるなとか、最近この地区が良くなってきてるのはなんでかなとか、こういう選手は数年先どんな風になるのかななどと思いを馳せて。中学生もそうだけど育成年代の選手の魅力は、これからどんな風になるだろうかという想像が及ばないところ。実際、何年後かに指導したり、対戦で出会ったときに、あの時の選手がこんなになったのかと驚かされる。毎年つま恋には足を運び、今年も少ない観戦時間の中に、何年後かのそんな楽しみを持ち帰ってきました。ちなみに富士トレセンの戦績は3勝1敗(藤枝に敗戦)。明日の静岡葵戦に勝てば予選1位抜けの可能性もあるのかな。クラブの活動も結果として、富士のサッカーレベルアップの何かの役に立てるようにあればいいなと思う。
[PR]
by fujisportsclubjp | 2011-01-22 22:28



www.fujisportsclub.jp
by fujisportsclubjp
富士スポーツクラブ
最新の記事
こどもの日に、
at 2016-05-05 21:19
うさぎとかめのはなし。
at 2016-04-22 21:56
雨の中でのリフティングドリブル
at 2016-04-21 22:13
今のプレー美しくないよ!
at 2014-03-14 16:03
初蹴りOB写真
at 2014-01-16 11:36
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
カテゴリ
全体
ニュース
富士スポーツクラブ
FC Fuji ジュニアユース
サッカースクール
サッカークリニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧